クラビット錠のジェネリックに種類が多すぎてどれを買えばいいかわかりません

クラミジア治療薬のクラビット・ジェネリックのおすすめは?

クラビット・ジェネリックの適応症はクラミジアや淋病!

今とても流行っていて要注意のクラミジアや淋病は、知らないうちに移されてしまう危険があって、どなたでも安心が出来ない状況です。そこで、もしこれらの性病に感染してしまった場合、個人でこっそりと確実に治療したいものです。それ等の性病を適応症としているのがクラビットとそのジェネリック薬です。クラビットはレボフロキサシン水和物を有効成分としていて、そのジェネリックも同様にレボフロキサシンから作られますから、効果に変わりはありません。その働きとしては、原因菌のDNA複製を防止して繁殖を防ぎ、同時に殺菌する効果があるので確かな治療効果が得られるとされています。ただしクラビット・ジェネリックは種類が豊富で、国内外の製薬メーカーがこぞって販売しています。そこで皆さんはどれを選べば良いのか困ってしまう事でしょう。

クラビット・ジェネリックの用量・用法について

クラビットの主成分・レボフロキサシンによってクラミジアを治療する場合は、その服用方法として、レボフロキサシン500mgを1日1回だけ服用するのがセオリーです。ただしクラビットやそのジェネリック薬には100mg錠・250mg錠・500mg錠・750mg錠と4種類あって、医師の処方では100mg錠を3回に分けて飲む方法もあります。また症状の重い性病では1日に500mg以上を服用するケースもあって、その為に用量の違う錠剤が用意されているのです。それで1日500mg、服用期間は7日~14日にするのが一般的です。ここで注意点ですが、個人輸入の方は一回に500mgを服用するべきです。2から3回に小分けして服用すると、耐性菌を発生させてしまう事があり、少量を小分けして服用する場合は医師の処方やサポートが不可欠です。それは抗生物質に体内濃度・効力の規定があって、有効用量以下での体内濃度では、生き残っている原因菌が抗生物質の攻撃パターンを学んでしまい、それで耐性菌に変身するからです。

ジェネリックでおすすめはレボマック500

この服用方法に適したジェネリックで人気があるのはレボマック500でしょう。先にも言いましたが、クラビットのジェネリック薬は多数あって、他にも低価格でおすすめはありますが、選ぶ時のポイントは薬の品質・安全性です。信頼できる製薬メーカーを選ぶ事が肝心です。